要支援・要介護認定を受けている人、総合事業の対象者の方全員に、有効期間が令和元年8月1日~令和2年7月31日までの介護保険サービス利用時にかかる利用者負担割合を記載した、「介護保険負担割合証」を7月16日に発送しました。
介護保険サービスを利用される際は、介護保険被保険者証と一緒にサービス提供事業所に提示してください。

 

利用者負担の割合 対象となる人
3割 以下の①②の両方に該当する場合

①本人の合計所得金額が220万円以上

②同一世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」の合計が、単身の場合340万円以上、2人以上世帯の場合463万円以上

2割 上記「3割」に該当しない人で、以下の①②の両方に該当する場合

①本人の合計所得金額が160万円以上

②同一世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」の合計が、単身の場合280万円以上、2人以上世帯の場合346万円以上

1割  

上記以外の人

 

※65歳未満の第2号被保険者の負担割合は、所得等にかかわらず1割負担になります。