平成24年度に島根県から1億円の補助金を受けて積み立てた浜田地区広域連携推進事業基金を平成33年度までの10年間、取り崩しながら次の事業を行います(カッコ内は令和2年度当初予算)。

子ども交流事業(900千円)

浜田広域圏のふるさとの良さを再発見するとともに、郷土学習や体験活動を通じて交流を深め、次代を担う人材を育成することによって、圏域の一体性を図る。
農山漁村における自然体験活動を通じて、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する心を育む。

令和2年度 浜田広域圏子ども交流事業は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止することにしました。

広域観光推進事業(2,660千円)

広島地区情報発信事業(2,500千円)

広島市内で開催される「島根ふるさとフェア」に浜田広域圏として参加し、特産品の販売や観光PRを行うとともに、広島地区のテレビや新聞広告により情報を発信する。

観光案内板補修事業(160千円)

観光案内板補修の補修を行う。
(あさり亭、旭温泉、有福温泉、石見海浜公園、唐鐘漁港、ゆうひパーク三隅、ふるさと体験村、大佐山スキー場)

 

人材育成事業(4,171千円)

介護人材キャリアアップ事業(2,115千円)

介護保険に携わる人材の育成とサービスの質の向上を図るため、介護従事者のキャリアアップに要する費用の一部を補助する。

介護の入門的研修等実施事業(1,056千円)

介護人材のすそ野を広げ、福祉・介護サービス事業や地域活動を支える人材を育成することを目的として、日常に役立つ介護の知識や介護職として必要な基本的な介護の知識や技術の実践的手法等を学ぶ研修(入門的研修)を開催する。

介護サービス事業所における生産性向上事業(1,000千円)

介護サービス事業所を対象に、人材育成、職場環境の改善、事務効率化などを目的とした研修を実施する。

 

圏域振興事業(1,250千円)

石州和紙購入支援事業(150千円)

石州和紙の生産に携わる後継者の定住と技術の継承を図るため、神楽社中の和紙購入に当たりその支援を行う。

石州瓦振興事業(500千円)

石州瓦製造業に対する支援として、石州瓦工業組合が行うPR活動に対する支援を行う。

石見神楽振興事業(600千円)

神楽社中が購入する和紙購入費の一部を助成する。
石見神楽の写真や映像を作成し、圏域のPRに活用する。

広域連携推進事業ピックアップ特集